各種検査について

内視鏡検査

内視鏡検査内視鏡検査には、口または鼻から内視鏡を入れ、食道、胃などをみる上部消化管内視鏡[いわゆる胃カメラ]と、肛門から内視鏡を入れ、大腸全体をみる下部消化管内視鏡[いわゆる大腸カメラ]があります。「二度と受けたくない」、「つらい」検査と思われている方も多いかとど思われます。しかし、内視鏡装置の改良や検査技術の向上により、検査に伴う苦痛は軽減してきました。

当クリニックでは、苦痛が少なく正確で安全な内視鏡検査を実施しています。 また日本消化器内視鏡学会の洗浄・消毒ガイドラインに従い、高レベル消毒液を使った自動洗浄機により検査毎に徹底的に消毒洗浄を行い、感染予防にも注意しております。


内視鏡検査当院では、太さ 5.9mmのスコープを鼻からもしくは口から挿入します。
鼻から挿入すると嘔吐反射が少なく通常よりも楽に検査を受けることができます。口から挿入する場合は、軽い静脈麻酔を行なうことでほとんど苦痛なく行うことができます。胃カメラは食道、胃、十二指腸の炎症、潰瘍、ポリープ、がんの診断などに非常に有効です。病気が疑われる部分の粘膜の一部を採取(生検)することで、顕微鏡下で良性、悪性の診断やピロリ菌の検査などが可能です。

大腸内視鏡検査の意義として大事なことは、『大腸ポリープを発見し、切除することで大腸がんを予防すること』です。 内視鏡検査の際、大腸ポリープ(腺腫)が発見されることは多く、当院では可能な範囲でその場で日帰り内視鏡手術を行ないます。大腸ポリープは、そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものや癌化するものもあり、その危険を秘めているものは切除します。入院治療が必要と診断した場合は、適切な施設にご紹介いたします。

胃がん・大腸がんはなかなか症状が現れにくい病気ではありますが、定期的な内視鏡検査により早期発見・早期治療を行えば確実に根治できますので積極的に検査を受ける事をお勧めいたします。
当院では、短時間で苦痛の少ない挿入方法で検査を行うよう心がけておりますのでお気軽にご相談ください。

大腸と大腸がんの発生頻度

エコー検査

腹部エコー検査 肝・胆・膵・腎・脾などの実質臓器を中心に異常がないか検査します。
頸動脈エコー検査 糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。現在の動脈硬化の進行具合を評価することによって、全身の動脈硬化を知る手がかりになります。
心臓エコー検査 心臓の形態や血流情報を直接超音波で画像化することで、より精密な心臓検査が可能です。心筋梗塞、弁膜症、心筋症、心肥大などの診断をいたします。心電図異常や心雑音を指摘された方には、非常に有用な検査です。

その他の検査

心電図、採血、骨密度検査、レントゲン検査、肺機能検査など